bearnakedrafting.com

沖縄の刺身では醤油にコーレーグス

沖縄の刺身では醤油にコーレーグス 世界においては魚を生で食べる所はそれほどないとされます。実際生で食べられないものもあります。でも生で食べるからこそ美味ししいものもあります。生で食べられない理由としては生臭さがあるのかもしれません。このにおいが嫌な人はいつまでたっても食べることができないでしょう。嫌いでない人も一応は生臭さを感じるのですが気にならないのです。生臭さを消そうと思ったら少し強い刺激や香りなどを使うことで対応できることもあります。

一般的には刺身はわさびを使うと言われます。少し変わったところでは辛味大根を使って食べることもあるようです。沖縄ではどうかですが、多くはわさびを使われます。でも一部においてこの地方独特の調味料を使うことがあります。それはコーレーグスと呼ばれるものです。これは島とうがらしを泡盛でつけたもので、普通の料理などにもかけることがあります。ですから醤油などと並んでいつでもかけられるようにテーブルの上に置かれているのです。

唐辛子の辛味と泡盛の香りがあるので、魚のくさみはすっかりとれてしまいます。醤油に少し足して使うのが一般的です。調味料と入っても、これをメインにするわけではありません。メインのすると酔ってしまうかも知れません。

Copyright (C)2014沖縄の刺身では醤油にコーレーグス.All rights reserved.